適したサイト

中古ドメインを使ったWEBサイト作り、なんて謳い文句を聞いたこと、ありませんか?
そもそも、どんなWEBサイト作りに中古のドメインは向いているのでしょうか。

中古ドメインとは

新規ドメインが読んで字のごとく誰も使用したことのない新品のドメインであるのに対して、中古のドメインとは既に過去誰かが使用したことのあるドメインの事をさします。以前誰かがWEBサイトを運営していたことがあるので、その分バックリンクが残っていたり、WEBサイトの評価が残っていたりするので、検索エンジンでの評価が高くなり、より上位に表示される可能性が高いのです。
なので、一からバックリンクをとりつけなければならない新規ドメインよりも、労力を割かずに評価の高いホームページを作ることができます。
もちろん、WEBサイトの評価基準はバックリンクの数だけで決まるものではありませんので、一概に抜群に良いものだとは言えませんが、新規ドメインとはスタート地点が違うという事だけは確かなのです。

どんなサイト作りに向いているの?

上記に説明した性質から、サテライトサイトやアフィリエイトサイトの構築によく利用されるようです。
評価の高い優良サイトからのバックリンクがされているWEBサイトはその分だけ評価があがってきます。
メインサイトとは別に、細分化したテーマで立ち上げられたサテライトサイトが、評価の高いドメインだったとしたら、そこからバックリンクされているメインサイトの評価はもっと高まるのです。
つまり、簡単に言ってしまえばサテライトサイトとは自作自演のために作られたWEBサイトとなるのですが、SEOの手段としては往々にして用いられています。
アフィリエイトサイトの方は広告収入を主な目的としているわけですから、検索エンジンの上位に表示されて多くの人がWEBサイトを訪れることで、収入アップの可能性が広がりますよね。

中古を使ってサイトを作ってみよう

サテライトサイトやアフィリエイトサイトを作ろうと思っているそこのあなた。
中古のドメインを取得して、評価の高いサイトを運営してみませんか?