新規と中古の違い

あなたがWEBページを作ろうとする際、新規ドメインと中古ドメイン、どちらを使用しようと思いますか?「そもそもそこに何の違いがあるの?」「新規ドメインの方が新しいから良いんじゃないの?」そんな疑問に、お答えしていきます。

両者の違い

新規ドメインは、その名の通り誰も使ったことのない新品のドメインの事を言います。
対して中古ドメインは、誰かが以前に使用したことのあるドメインの事で、バックリンクやウェブページの評価などが残っているドメインです。
実は手っ取り早く、検索エンジンで自分のサイトを上位表示させるには、後者のドメインを使用した方がよい可能性の方が高いのです。

なぜ中古の方が良いの?

検索エンジンでは、検索結果を表示する際、独自の評価基準に従って順番を決定していきます。
その評価基準が高いほど、上位に結果表示されるのですが、基準の中にはバックリンクの数というものが存在するのです。
先にも述べた通り、中古のものには以前のバックリンクが残っている可能性があります。
新規のものにはバックリンクそのものがなく、つまり取得した時点でもう、同じページの作りにしたとしても、検索結果表示に大きな違いが出てくるのです。
また、バックリンクの数以外にも、詳しくは公表されていませんが、多くの評価基準が存在しています。
自分が手に入れたドメインが、以前活用されていた時に多くの評価基準を満たし、優良サイトと見なされていた場合、そのドメインの評価は高くなっており、労せず上位に検索結果表示されることとなるのです。
新規のドメインだと、もちろん評価はゼロの状態から始まるので、かなりの労力を割いてバックリンクの数を上げたり、評価を上げたりしなければならないのです。

断然中古を選ぶべき!

新規ドメインと中古のドメイン、両者の違いがお分かりいただけたでしょうか。
手っ取り早く検索エンジンの上位に表示されるWEBサイトを作りたいのなら、中古を使う方が断然よいと言えるでしょう。